不満

結婚後ぶくぶく太る嫁!必ず痩せさせる「夏休みの宿題理論」とは?

「産後、嫁が太った。」
「結婚前と見た目が全然変わってしまった。」

こんなことを感じる夫は多いのではないでしょうか。

結婚前はファッションをバッチリ決めた妻が
産後数年で変わり果てた姿になる・・・・

多くの友人夫婦を見て感じてきました。
結婚の際にあれだけ綺麗だった奥さんが変わり果てた姿に・・・

お腹の脂肪をつまむ女性
友人に聞けば
「妻は”母ちゃん”になった。」
「もう女として見れない。」
とのコメントの数々。

これはもう諦めるしかないのでしょうか。

いいえ、これは諦める必要は1mmもありません。

今日は数百人の恋愛コンサルを行ってきた私が
必ず妻をダイエットさせる方法を伝授しましょう!

鍵は何といっても夏休みの宿題です。
あの追い込まれたストイックさがあればダイエットなどいとも簡単に成功します。

しかし、夏休みの宿題はなぜ追い込めたのがわからない人が多いのではないでしょうか。

今日はそんな身近な夏休みの宿題の背景から必ずダイエットを成功する方法を導きだします。

これを読めば必ず妻は痩せます!
反対にこれを読まなかったために妻に対して不満を募らせ続けないよう注意してください!

産後に太るという言い訳

自分の体重に幻滅する女性
女性が一番太るタイミングは出産になります。
「産後太り」という言葉に代表されるように多くの女性はこの壁にぶち当たることでしょう。

しかし、この産後太りを解消できる人、解消できない人の2種類がいます。

産後太るのは仕方がありません。
ただずっと太った状態なのは産後太りではなく本人の意識の問題が多くを占めます。

出産は偉大なことで生命が誕生という掛け替えのないことです。
そしてそれを行う女性はまさに命がけ。

ひと昔前は「棺桶に足を突っ込みながら行うようなこと」と評されたこともあるくらい命がけの行為でした。
命がけで自分の子供を産んでくれることは感謝です。

そしてこの命がけの行為が「産後太り」が許容される理由の1つになっている気がしてなりません・・・。出産してくれたことは大変感謝なのですが。

出産を免罪符にせずに痩せてもらいたいものです。
この免罪符を使われたら現状はいつまで経っても変わりませんからね。

ただ「ダイエット頑張れ!」といって頑張る妻はいないでしょう。

ここで出てくるのが「夏休みの宿題理論」なのです。

夏休みの宿題理論とは?

期限、罰則、検証がないと人は頑張れない

ガッツポーズする男性
さてさて小学生の頃、夏休みの終盤に猛烈な勢いで宿題をやった人も多いのではないでしょうか。

私もそんな1人。
夏休み序盤でやればいい宿題を終盤まで持ち越し必死こきながらやっていました。
そしていつもギリギリながらも頑張って提出していました。

そうなんだかんだあの膨大な量を皆んなやっているのです。

そう人がコミットするためには
期限、罰則、検証
の3つが必要になります。

「夏休みの宿題理論」はまさにそうです。

期限⇨8月31日まで
罰則⇨宿題しないと先生に怒られる
検証⇨提出は先生がチェックする

この3点セットがあるから皆、宿題をやるのです。

さらに身近だと仕事がこれに当てはまります。

期限⇨定時までに出社
罰則⇨定時までに出社しないと減給になる
検証⇨同僚が見てすぐわかるorタイムカードでわかる

というのも同様ですね。

逆にこの3つが欠けていることはほとんど成功しません。
ダイエットが成功しないのが多いのもこの3つが全部含まれていないからです。

失敗するほとんどのケースは明確な期限もなく、罰則もありません。
「またダイエットに失敗した〜」程度で自尊心が少々傷つく程度です。

ではこの3つ妻に対して設けるにはどうしたらいいのではしょうか。

実際どうやって夏休みの宿題理論を適用するの?

宿題をする子供
夫婦一緒にやるのがベストです。
妻だけにダイエットさせても
「何で私だけダイエット・・・・」
と思うのが人情というもの。

そこは夫も参加しましょう。
夫が太っていなくても、です。

そして3点チェックをしましょう。
まずは「検証」から

一緒に頑張ろう

目標・期限を設定しよう

毎日体重を夫婦ともに測る
のルーティーン。

「食べた日は太ってるから体重計に乗りたくない。」
そんな甘えは許さず毎日体重計に乗らせましょう。

そして次は「期限」
最低3ヶ月程度に設定しましょう。
1ヶ月のような短期間で痩せようとすると無理な目標にしがちですし、
リバウンドしやすい体になります。

3ヶ月程度ダイエットを継続すれば落ちた脂肪、筋肉が付いたままの良い感じに維持しやすくなります。

何より意識として痩せる自分=通常という基準の引き上げにも繋がります。

そして「罰則」
やり方は人それぞれ。
達成できない週は趣味禁止、ご飯をご馳走するなどなどあります。

ポイントは「少し苦痛」くらいの罰則です。
軽すぎると平気でダイエットをやめてしまうのが人間だからです。

痩せたところで褒めまくる

見つめ合う男女
そんなこんなで3ヶ月ダイエットしたとしましょう。
リバウンドを防ぐ仕組みが大事です。

そもそも3ヶ月も継続していると
痩せた体重⇨通常
的な意識が刷り込まれているのですが、それでもなお+αとして
「褒め倒す」ようにしましょう。

ダイエット前⇨愛嬌があったね
ダイエット後⇨服が似合う、美しい、隣にいて誇らしいetc

ダイエット前後でどれだけギャップがあるか、
現状がどれだけ素晴らしいかを褒め倒しましょう。

女性にとって美は永遠のテーマですから普段褒めない夫はなおさら褒めるようにしましょう。

これは妻は以前の美しい姿を取り戻します。

環境作りを頑張ろう!

川ではしゃぐ男性
勉強しろ!と言われて勉強するやる気が起こらないのと同様、
ダイエットしてよ!
なんて妻にいってもダイエットいてくれるはずもありません。

・食べなきゃ痩せる
・ダイエットできないのは美意識の問題
など根性論や理詰めをしても人は努力してくれません。

大事なのは説得ではなく、納得です。
そして根性論ではなく環境によって人を変えるようにしましょう。

私の好きな言葉ですが
「人間が変わる方法は3つしかない。

1つめは時間配分を変えること、
2つめは住む場所を変えること、
3つめはつきあう人を変えることだ。

最も無意味なのが〝決意を新たにすること〟である。
決意だけでは何も変わらない」

ということで決意=根性論では変わらないことは多くの人が感じていることではないでしょうか。

今回は妻を変えるというテーマでしたが、あなた自身、
環境を変えることでどんな分野でもこれから変わることができます。

私自身、
決意ではなく、環境を使って変わるような意識をしてから自分の人生は激変しました。
決意の尺度は決意の宣言ではなく、身を環境を変えることです。

自分の人生を見る目は大きく変わり、楽しさは100倍は軽くことでしょう。
そんな人が1人でも多くなるよう情報発信をしていきます。

若い女の子と無料でセックスしたくありませんか?
line@
  • 中年でもモテ続けたい
  • 風俗を使わず若い女を抱きたい
  • 若い女性のセフレを作りたい

 

「中年以降がモテるようなることはない」
「あと10年若ければ・・・」
と諦めてはいませんか?

諦めるのはまだ早いです。

中年のおじさんがモテない理由は、巷にあふれるモテノウハウは20代の男性に合った方法ばかりだからです。

むしろ年齢にあったモテ方を追求すれば、年齢を重ねた方がモテるようになります。

私が30代中盤に入ってから
・Eカップのロリ大学生
・細身のスペスペ肌のOL
・読者モデル
などをセフレ化してきた
「モテる中年を育成するline@」を
今なら無料で受け取れます。今後は値上げ予定しています。

・若い男性よりも、40代以上がセックスできる理由
・出会って1時間後にホテルに連れ込む悪魔のトーク術
・女性から「抱いてほしい」と言わせるジェットコースタートーク

この秘密を知れば誰でもヤりまくれるようになります。誰でもです。

「今すぐ秘密を知る」ボタンをクリックして、
友達追加今すぐしてください。

Ecup

今すぐ秘密を知る