夫婦生活

妻がセックスが嫌いになった理由!あなたが嫌いでレスになったわけではない

sexless

「妻をセックスに誘ってもずっと応じてくれない。」
「年に数回応じてくれれば良い方。」
「セックスがダメだが浮気はもちろん風俗もダメだという。」

こんな悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。

私もその1人でした。

妻は「あなた(夫)とのセックスも嫌だが風俗、浮気もダメ」
俺は男性としてどう生きていけばいいんだ・・・

こんな風に絶望したものです。

no-bilieve
なぜ夫ばかりこんな苦しい思いをしなければならないのか。
それは日本の結婚制度に原因があることがわかりました。

私はこの考えを知り、男としての自分を取り戻すことができました。
(若い愛人を作りました)

今日はそんなセックスレスに苦しむ男性に対して妻からのセックス拒否に苦しむ必要がないこと説明します。

この記事を読めば夫がそんな苦しまなくて良いということがおわかりいただけるでしょう。

反対にこの記事を読まなかったがために「どこにこの性欲を発散するんだ!」なんて笑顔のない生活を送らないようにしてください。

妻はあなたが嫌いでセックスがしたくないわけではない

夫を家族としてしか見れない

kenka
人は刺激に慣れてしまうもの。

恋愛もいわば刺激になります。

恋愛の賞味期限は3年と言われています。
結婚期間が年単位になれば交際当初の新鮮な気持ちはどこかへ行ってしまいます。

そドキドキする気持ちは脳に対する消費エネルギーが大きいため長続きしないからです。

また年単位で一緒にいるとパートナーの行動パターンは大体わかるようになり、意外性はなくなります。

また良くも悪くお互い気を使わなくなります。
大きなアクビをしたり、場合によってはオナラしたりなどです。

セックスはある程度は新鮮な雰囲気の中のが生まれやすいものです。

一緒にいる期間が長くなるほどセックスレスになるのは仕方のないことなのです。

妻とのセックスレスが改善することはあまりない

sexless
恋愛、愛情、セックス
これらは関連しているようで相互には関連していません。

家族として愛しているからセックスしたいか?
と問われれば必ずしもYesではありません。

女性は夫を家族としてどんなに愛していて、大切に思っていても
「触られるとゾッとする」と感じることもあります。

zotto
参照:島耕作

これは妻が悪いわけではなく、本能・ホルモンバランスがそうさせているのです。

いくら論理で妻を説得しても改善することはほとんどないでしょう。

妻が夫の浮気と風俗行きを容認することもあまりない

nande
かといって妻は
浮気と風俗を容認することはありません。

浮気も風俗も
・夫との共同財産が他所の女性に行ってしまう(散財される)
・浮気と風俗を容認すると「俺のこと愛してる?」って言われるので建前的にも許してはいけない
・性病を持ち帰られる
といった理由です。

しかし、考えてほしい。

妻がセックスをさせてくれないのに外でも発散しちゃダメっておかしいと思いませんか。

上記の事情を見ればわかりますが、すべて女性都合の視点です。

妻はあなたが嫌いになったわけではない

believe
以上、妻がセックスが嫌いになった理由を書きました。

記載した通り、何もあなた(夫)が悪いわけではありません。

恋愛に賞味期限があるのは仕方ありません。
それこそ「毎日同じものを食べても飽きるな」といっているのと同じ意味です。

対人においてもそうで同じ職場に3年以上いれば何となく「飽き」が出てくるでしょう。

言いたいのは
恋愛、愛情、セックスは一直線上に並んでいると思う前提を変える必要があります。

とは言ってもこれであなたの欲求不満が解消されるわけではないはずです。
かといって「俺は妻を大事にしているから浮気などもってのほか・・・」などと考える必要もありません。

元々、日本の伝統として妻以外と関係を結ぶことは決して悪いことではないからです。

 

家庭の外に女を求めた男の物語

ヘッダー2
私の人生物語〜おっさんがモテたくて何が悪い!〜「中年になったら若い女性にはもうモテない・・・」 「あと10年若ければ・・・」 そんなことを思う人も多いのではないでしょうか。 ...

女性の都合に振り回されてはならない

浮気NGはここ100年程度のお話

meiji
日本は江戸時代、今よりも浮気・不倫にはかなり寛容な社会でした。

江戸では生涯未婚率が現在の2倍以上であり、それこそ現在より
「結婚はしたい人がすれば良い」という意識だったのでしょう。

そうなると妻と性格が合わなければ外に女を求めて良かったものと推測されます。

しかし、明治時代後半になってからその状況は変わります。

明治時代前半までは「家の存続」のために妾の存在まで法律で認められていましたが、
人口増を図りたい政府の思惑で民放が改正⇨一夫一妻制が公式のものとなり、
ここから「女遊びはしてはならない」と認識が広がりました。

一人の男性は養う妻子の数に限界があるからです。
良くも悪くも多くの男性が結婚できるようにしかった思惑があります。

meiji
日本の結婚制度は時代遅れで無理がある!時代にあった結婚を模索すべき!「結婚制度って時代遅れじゃないのか?」 「1人の人しか一生愛せないって無理があるんじゃないのか?」 「周囲の現代の結婚制度について問...

妻のために人生を犠牲にするな

no-believe
そんな明治政府の思惑もあり一夫一妻制が根付いたわけです。

昨今の芸能ニュース
・多目的トイレ不倫の渡部
・年単位で不倫していた東出
⇨激しいバッシングの通り浮気・不倫に対して厳しい目が向けられるようになりました。

しかし、たかが100年くらいで成立した制度をあたかも日本の伝統のように言い、
「浮気・不倫をするのは人道に外れている」かのように表現するのはどうなんでしょうか。

明治前半⇨「家」の存続のため
明治後半〜現代⇨人口増加のため

価値観は大きく変わりました。

そして現代以降も考え方が変わる可能性は十二分にあります。

女性からの同調圧力に屈するな

believe
「浮気せずに1人のパートナーを愛する。」
これは女性視点の幻想にすぎません。綺麗な言葉に聞こえるでしょう。

しかし、視点を変えてみましょう。

男性は子供が何人でも作れるので浮気性の方が子孫を残せますし、
女性は子供を産む人数に限りがあり、育児もあるので1人の男性にのめり込んだ方が有利だからです。

綺麗な言葉は女性からの建前に過ぎません。

「女性は共感を求める」
これは男性であれば誰しも聞いたことがある言葉でしょう。

そんな生物的な習性の結果、
女性に有利なことは広がりやすく、男性に有利なことは広がりにくい傾向にあります。
(「最初のデートは男性が奢るのがマナーなど」)

バレずに浮気する方法なんていくらでもある

keishiki
「妻とセックスできないし、浮気がバレて離婚するのも嫌だ・・・」

そんな気持ちも理解できます。

上述したようにセックスはできなくとも妻の愛情を感じることもあるでしょうし、
子供がいれば子供の存在も可愛いはずです。

しかし、あなた自身の人生も大事なはずです。
本能の一部である性欲を発散できなければ人生の質は大きく下がってしまいますし。

であれば両方良いところ取りするために、バレずに外で発散するのはいかがでしょうか。

私は出会いのプロとして男女の出会いについてあらゆる分野で研究してきました。

そこで至った結果、既婚者にピッタリな出会いはTwitterでの出会いが一番効率が良いです。

路上ナンパは飛び込み営業に近く難易度が高いですし、
クラブナンパは深夜での活動のため既婚者に向きません。

マッチングアプリは顔出しが基本で既婚者には恐ろしすぎることでしょう。

Twitterでオフ会とかで検索していただきたいのですが、
Twitterを介して出会うことは最近は増えていまして、その出会いが男女になっただけです。

「twitter オフ会」
off

Twitterで本当に出会えるの?と思うのはあなただけでなく、妻も一緒です。

まさかTwitterで出会っているとは考えてないでしょう。

Twitterは一例ですが、バレずに外で性欲は発散する方法はいくらでもあります。
あなた自身の人生を取り戻しましょう。

若い女の子と無料でセックスしたくありませんか?
line@
  • 中年でもモテ続けたい
  • 風俗を使わず若い女を抱きたい
  • 若い女性のセフレを作りたい

 

「中年以降がモテるようなることはない」
「あと10年若ければ・・・」
と諦めてはいませんか?

諦めるのはまだ早いです。

中年のおじさんがモテない理由は、巷にあふれるモテノウハウは20代の男性に合った方法ばかりだからです。

むしろ年齢にあったモテ方を追求すれば、年齢を重ねた方がモテるようになります。

私が30代中盤に入ってから
・Eカップのロリ大学生
・細身のスペスペ肌のOL
・読者モデル
などをセフレ化してきた
「モテる中年を育成するline@」を
今なら無料で受け取れます。今後は値上げ予定しています。

・若い男性よりも、40代以上がセックスできる理由
・出会って1時間後にホテルに連れ込む悪魔のトーク術
・女性から「抱いてほしい」と言わせるジェットコースタートーク

この秘密を知れば誰でもヤりまくれるようになります。誰でもです。

「今すぐ秘密を知る」ボタンをクリックして、
友達追加今すぐしてください。

Ecup

今すぐ秘密を知る