夫婦生活

妻が不機嫌でめんどくさい!波風立てずに解決する方法は?

trauma

「なぜ突如不機嫌になるのかわからない。」
「些細なところで激怒する理由がわからない。」

そんな悩みを持つ夫・父は多いのではないでしょうか。
私もその1人です。

男性だったらこんなことで怒らないだろう、
気にしないだろうという点で女性は激怒します。

沸点の低さにビビります。
そしてストレスの種になっている人も多いでしょう。

今日はそんなあなたへ送る記事です。

鍵は多面的に物事を見ることにあります。

要は怒りのポイントは1つだけではないですし、
本当に怒りかどうか検証が必要なこともあります。

これを読まなかったがために
「終始不機嫌で家庭でストレスを貯め続ける」
なんてことがないようにしましょう。

あなた(夫)は決して悪くない

ベリーグッドする男性
上段で書いていますが、あなた(夫)は決して悪くないです。

置かれた状況を会社の同僚に話したら同感してもらえる多数いることでしょう。
(多分女性社員には共感してもらえないでしょうが)

妻が不機嫌すぎて
「私は何か深いな思いをさせてしまったのでは?」
「私は人を傷つけるようなことをしているのでは?」
「私は思いやりの心がないのでは?」
そう思うかもしれません。

しかし、実は問題ありません。

そもそも男性と女性が同じ感情の浮き沈みをすると思ったら大間違いなのです。

沸点が低い、不愉快の感度が高いーそれが女性なのです。

良くも悪くも女性は些細な変化に気づきやすい生き物、
それが悪い方の面に出ているのが終始不機嫌なことなのです。

とはいえそのままにしてもストレスがたまるだけです。

原因と対策を考えていきましょう。

女性は不機嫌になる原因は?

生理前

ヒステリックな女性
これは多くの夫が思うところでしょう−生理です。

生理前後の女性ホルモンのバランスが大きく、その想像は男性のはるか上をいくと思います。

個人的には体調が悪い時に人に当たらねーだろ!
と思うのですが、体調不良というよりは感情にフォーカスを与えた方が良いでしょう。

男性であればこう考えると良いです。
ー仕事ができない直属の上司に3日連続で自分に何らミスもなく怒られること。

確かにそんな場面を想像すると機嫌の悪さに多少共感できるものです。

親しい人ほど不機嫌さを見せる

見つめ合うカップル
これも幸か不幸か親しくなるほど女性は感情をあらわにしてきます。

最たる例として「結婚前後で嫁の性格が変わった」と言う人がいます。
まさにそれ。

信頼感の現れ=感情がオープンになる=不機嫌さも見せてくる
という図式になります。

ここであれ?プラスの面は見せてくれなくない?
ということに気づいた方もおられるでしょう。

そしてここに人間の悲しい性、長所には慣れ・短所に目がいくものです。
あなたは部下の長所より短所の方があげるのは簡単なのではないでしょうか。

結果、自分(夫)が不機嫌の矛先になるというわけです。

親密さの裏返しと考えると少しは気が楽になりますよね。

では対処法について述べていきます。

やってはいけない方法

妻を論破

説教する夫
多くの既婚男性に共感してもらえますが、
女性にロジック(論理)は通用しません。

特に男性はロジックを気にしますが、
ロジックが通って解決できないーそれが女性なのです。
(論破したい気持ちは痛いほどわかります。)
と声を大にして言いたいです。

以前から言っている通り女性は男性の何倍も感情で物事を判断します。

それは家庭だろうが仕事だろうが、です。

女性のマネージメント経験がある方ならおわかりいただけるでしょう。
男性社員より相当慎重に対応しているのではないでしょうか。

なのでロジックで女性を攻めないようにしましょう。
論破したら勝負に勝って試合に負けます。

無視、放置

無視する彼女
これも悪い手です。
私は自分の機嫌が悪い時は放置してほしい派なので意外でした。

女性は自己肯定感、つまり「自分が大事にされていること」を重んじます。

よってここで無視、放置をすると
自分は大切に扱ってもらってない
という感じになり、更に不機嫌になるケースが多いようです。

大前提「ああ、自分を大切にしてほしいんだな。」の認識を持って行動しましょう。

無視、放置はマジで逆効果になります。下手すれば冷戦に突入です。

解決方法

そもそも本当に不機嫌なのか?

私自身、妻に機嫌が良かった時に聞いてみると
「怒ってなかった」
と言うケースが多かったです。
(認めないだけの時もあるでしょうが)

ただ不機嫌の時の口調は
「どう見ても不機嫌or怒ってるやんけ」
とツッコミたくなるくらいですが、
機嫌の良い時にヒアリングしたので本当でしょう。

自分の意見を強く主張したい時=不機嫌
という認識は変えた方が良いかもしれません。

こんな見方をするだけでも妻が不機嫌時、相当優しくなれるのではないでしょうか。

女性ホルモンの体質改善

ピースをする女性
生理であれば多少は仕方ないですが、それでも対策は打てるもの。

避妊薬あたりは元々生理が重い人用に処方された薬です。

amazonや楽天あたりで「生理 サプリメント」と検索すればずらーっと効く薬が出てきますので、
頼んでみましょう。

これで妻の機嫌が保てるのなら安い投資と言えるのではないでしょうか。

この辺を野放しにして諦めている夫が多いように思います。

妻を同じ土俵で考えるな

天秤
夫婦=対等、同じと思ってはいけません。

上記ホルモンバランスをはじめ脳の作りが異なるのです。
異なる感受性であることは当然です。

例えば自分が謝ってばかりで妻は自分がミスっても謝らない
そう思う人もいるかもしれませんが、そもそも自分が謝るから相手も謝るべき、という前提が間違っている可能性もあります。

ブログ(下記参考)でも書きましたが家庭内では妻の負担割合が平気すると多く、それがそのまま家庭内での序列になることは少なくありませんし、
人は基本下の立場の人には謝りたくないため、妻があなたにぶつけてくるのも仕方がないかもしれません。
【参考】なぜ嫁は謝らないのか?夫婦関係が円満にいく方法を伝授!

しかし、上記を抑えて「ま!そんな時もあるよね!」とある程度流せるようになったら人生の質が大きく上昇します。

最初は受け入れることができなかったのですが、既婚者男性の仲間に多様な視点をもらうことで妻の不機嫌さによるダメージが減ってきて多少楽に生活ができるようになりました。

結論:物事を楽に遠い目で見よう

ひらめき
家庭におけるパートナーなので
不機嫌な時に取っくみあって物事を捉えてもストレスになるだけです。

この世に妻と論争するほど虚しいものはありません。

今回は不機嫌な時の対処法ですが、
その他に様々なことで家庭でストレスを抱えている夫は多いものです。

そしてそれは悲しいことに共感してもらえないこともあるでしょう。

特に真面目な人ほどストレスを貯めやすく思い込みがちです。

幽体離脱というと変ですが自分を客観視して、
「まぁ妻が不機嫌なくらいで人生が終わるわけではないかな。」
と深呼吸できるくらいの余裕を持ちましょう。

そして仕事、家庭が人生の100%になってしまわないようにしましょう。
上記はコントロール不可能です。
人生、往々にして両方うまくいかないことが多いものです。

仕事、家庭以外の、そして自分がコントロールできる世界を1つ持っていくと
人生の満足度は大変高くなります。

そんな情報発信をしていきます。

若い女の子と無料でセックスしたくありませんか?
line@
  • 中年でもモテ続けたい
  • 風俗を使わず若い女を抱きたい
  • 若い女性のセフレを作りたい

 

「中年以降がモテるようなることはない」
「あと10年若ければ・・・」
と諦めてはいませんか?

諦めるのはまだ早いです。

中年のおじさんがモテない理由は、巷にあふれるモテノウハウは20代の男性に合った方法ばかりだからです。

むしろ年齢にあったモテ方を追求すれば、年齢を重ねた方がモテるようになります。

私が30代中盤に入ってから
・Eカップのロリ大学生
・細身のスペスペ肌のOL
・読者モデル
などをセフレ化してきた
「モテる中年を育成するline@」を
今なら無料で受け取れます。今後は値上げ予定しています。

・若い男性よりも、40代以上がセックスできる理由
・出会って1時間後にホテルに連れ込む悪魔のトーク術
・女性から「抱いてほしい」と言わせるジェットコースタートーク

この秘密を知れば誰でもヤりまくれるようになります。誰でもです。

「今すぐ秘密を知る」ボタンをクリックして、
友達追加今すぐしてください。

Ecup

今すぐ秘密を知る